ベトナム。一旦全部追い出す

Posted by VietnamSpirit on 25.2016 0 comments 0 trackback
2016年8月15日。

ウチに居候していた4人(KK,CHG,TR,VNH)を全員一旦追い出すことに決めた。

理由は、人助けの目的で居候させていたが、逆に甘えて、当初の約束も守らず、自分さえよければいい、他人なんかどうでもいい、といった傾向が出てきたからだ。
人助けの目的が、堕落させることになるのであれば、これ以上、居候させる意味は無い。

そもそも人助けとは、他のベトナム人と住んでると、盗難、付き合いの飲み、ドラッグなどに付き合わされ、金も貯まらないし、キチンとした生活ができないからということを彼らが考えていたからだ。
日本人の年長者となら、そんなリスクから離れられるということ。
これは、多くのベトナム人が同じことを考えていて、中には、ベトナム人コミュニティから離れて住んでいる若い子達も実際にいる。
但し、ある程度の収入が見込める人間に限る。

また、当初の約束とは、
・警察沙汰はダメ
・金銭トラブルはダメ
・ドラッグはダメ


ウチの4人間については:

TRの場合。
2014年からの最長メンバーだが、本人も自覚している金銭問題がある。
のべ1万バーツほど貸してるが、返してこない。
また、家賃と光熱費についても、キチンと払わない。
真面目に仕事しようというマインドも弱い。
2016年2月に21歳で結婚し、10月にはコドモモ生まれる。
いつまでも甘えたマインドから自分自身で変わらないといけない。

VNHの場合。
同じく21歳。
マインドが腐っている。金銭問題もある。
他人の洗濯物は洗わず、大きな洗濯機で、ズボンとティーシャツ、パンツの3枚だけを洗う。
気付いて指摘しようとすると、「これも洗う?」と良い子を演じる。
2015年以来、1年以上ウチで居候させたが、家賃を払ったのは1回だけ。
払う金が無いと言って、毎月知り合いから金をもらっていたのを工面していた人間から直接聞いて知っているが、全て自分のために使って、まともに家賃を払ってきたことはない。

CHGの場合。
とにかく教育が無い。
同じベトナム人グループの人間と比べても酷い。
但し、教育が無いぶん、悪知恵も無く、無垢で明るい性格が良い。

KKの場合。
25歳。2016年11月に結婚予定。
歳のせいか、ある程度信頼はできるし、自立した行動ができる。
一度、警察に捕まって、夜中に「来てくれ」と言われて行ったことがある。
一応、許容範囲としてもいい。


これまで度々忠告してきたが、改善無く、VNHに至っては自己中が酷くなっている。
まずは穏便に全員追い出すことに決めた。
独りでゆっくりとした時間を取るのもいい。

猶予期間10日を設定して、8月15日夜、全員に伝えた。
8月25日、家族親戚が仕事を兼ねてタイに来る。
3人ウチに寝泊まりするから24日迄には他の部屋を探してね、と。

VNHは翌日16日、何も言わずベトナムへ帰った。
そして25日の朝早くに戻ってきた。
25日夕方には家族親戚が来るからもうダメだよと言うと、分かってると言って小一時間で出ていった。


2016年8月25日。

残る3人、KK,CNG,TRは、結局25日遅くまでグーグー寝ていて、仕事から帰ると、まだいた。
これから家族親戚を空港に迎えに行くからというと、そろそろと3人とも支度しだした。

25日夜のフェイスブックには、TRが「寝るところが無い」と投稿していた。
仲良く助け合っているように見えるベトナム人コミュニティの実態は冷酷だ。
みんなお互いを警戒していて、心の底では不信の目で友達を見ていることがよくある。

友達のところに泊まるといっていたVNHも、実は受け入れてくれる先が無かったようだ。

KK,CHGは、25日は職場の一角で寝泊りしたとのこと。

10日も猶予があり、VNH,TRについては、状況わかった上でタイに戻ってきている。
TRは10月には子供が生まれる。
VNHは8月に婚約した。
KKは11月に結婚する。
自分の管理もできずに、奥さん、子供の面倒をどうするのか。
はやく将来を見つめて地に足の付いた生活スタイルを見つけるべきだ。

失業中 TP兄

Posted by VietnamSpirit on 16.2015 0 comments 0 trackback
2015年1月19日。

朝起きると、TP(20歳)の兄(30歳)がいた。

ベトナムから出てきて、早朝5時くらいに着いたらしい。
二人とも寝ずに、テーブルで団欒していた。

TPの方が細身だけど、パッと見、目とか顔のパーツが似てるので、TPが二人いるように見えた。

1月、ベトナムの中北部ハティンでは、まだ寒くて、畑仕事もないため、当てはないけど、“取り敢えず”バンコクに来て、仕事探すとは聞いていた。

ハティンでは、普通に(高い教養やスキル無く)育った若者の仕事としては、畑作や土木など、広い意味での3K職くらいしか無いらしい。

なかには、ホーチミンで漁業関係や、ハノイのレストランなど、または周辺国に出稼ぎにでる若者も多い。

とはいえ、バンコクも、“取り敢えず”出てきた人間に、選り取り緑の職があるわけではない。

場合によっては、1、2か月無職のまま、ベトナムに戻る可能性もあるのでは、と憂慮していた。

バンコクに来てからの2、3日間は、彼らお決まりの行動パターンで、近場の同郷人たちに会いに行っていた。

その後2週間ほどは、食事で外に出る以外は、部屋で終日ゴロゴロ。
金も尽きているようで、弟のTPが養っていた。

TPに、
『兄さんそろそろ仕事しないの?』
TPが養ってるんでしょ?大変でしょ?』
『仕事しないなら、何でタイに来たの?』
と言った。

TPも同じく、やや困っていたようだ。

兄、本人にも尋くと、毎月のビザ更新代(約3000バーツ)と生活費で、月1万バーツ以上必要(希望)で、職種や場所についても好き嫌いがある。

2月13日。
夜風の涼しい中、同じコンドミニアムに住むタイ人に付き合って、コンドミニアムの玄関先でビールを開けていると、TPが帰ってきた。

呼び止めて、ビールを渡す。
TP兄の仕事ネタがないか、タイ人に尋いたが、難しい、と…。

ただ、TP曰く、近場のホテル兼マッサージで働くことに決まったらしい。
ただ、いつから行くかは分からない、と…。

月給5500バーツ
食事代として日に30バーツ。
最低6000バーツ以上はあるとのこと。

ただ、そのホテル兼マッサージというのは、有名なゲイ向けで、マッサージはゲイ向け性感マッサージだ。
出稼ぎでゲイ向けの店で働く人間も多いが、TP兄はゲイ向けの店は絶対イヤだと言っていた。

『そのホテル兼マッサージは、ゲイ向けだけど、知ってる?』
と訊いたが、案の定、知らなかった。
当の兄も、よく理解できてないみたいだ…。

15日にビザ更新でカンボジアに行くため、14日時点では、まだ仕事にも出ず、部屋で寝て過ごしている。

ビザから帰って来ても、実際には仕事に出ないか、行ってもゲイ向けだとようやく認識し、無職に戻るのでは、と憂慮している。

もっと他にまともな仕事を紹介しているのに、この現状は、厳しい…。


2月17日。
One Day Visa Runから15日夕方に帰って以来、17日時点で、やはりまだ仕事には出ず、終日寝ている。。。。


2月18日。
Visa Runに行った15日の前あたりから、弟のTPが、夜帰宅しなくなっている。
時たま、イライラしていることがあったり、不安定な様子。

今回のVisa Run代が二人で5000バーツ程。
自分と兄さんの毎日の食費だけで、300バーツくらい、月に9000バーツくらいは掛ってる。
1月の稼ぎは少なくて、7000バーツ程だったらしく、貯金を切り崩している状況。
この厳しい状況を兄は知っていながら、毎日脳天気に寝て、携帯でネットして、適当に弟からもらった金で食べに出ては、戻ってきて部屋でゴロゴロ。
こんな兄貴の様子に、イラだっているんだと思う。

2月19日夜、仕事から帰宅すると、やはり兄貴はゴロゴロしていたので、言った。

『ベトナムから来て1か月以上が経った。仕事しないなら帰れ!』
本当は、こう言いたかったが、表現を変えた。

私 『仕事はあったの?』
兄 『まだない。』
私 『雇ってくれるところ幾つか候補あったでしょ?どうしたの?』
兄 『好きじゃない。』
私 『何もしなければ、収入ゼロ。弟の稼ぎが今厳しいの知ってるでしょ?』
兄 『知ってる。』
私 『タイに居るとVisa Run代掛るけど、サイゴンとかは給料幾らくらいの仕事があるの?』
兄 『サイゴンは、7000バーツ、9000バーツくらいの給料だけで、食費とかの生活費が高い。
   バンコクなら、高い給料のところがあるからタイの方がいい。』
私 『バンコクで雇ってくれるって言ってたところも4000バーツから10000バーツの間でしょ?
   物価も、タイのバンコクだって(サイゴンと比べて)安いわけじゃないし、ビザ更新代も掛かる。
   バンコクの高い給料で働けるところって、どこ?』
兄 『どこ、って具体的には知らない。どっかある?』
私 『どっかあるっていうか、バンコクの方が高い給料の仕事があるって言ってたじゃん。
   どこか当たりがあんの?』
兄 『分からないけど、バンコクの方が給料高いよ。
   バンコクなら、レストランで10000バーツとかも多くあるし。』
私 『何で、そこで働かないの?』
兄 『募集はあって、仕事はあるけど、外国人の接客が必要で、英語対応ができないとダメ。英語対応はできないから。』
私 『(じゃ、それはあなたにとっての仕事はないってことでしょ?)
   (似たような遣り取りを何度か繰り返す。)』
私 『結局、Visa Run代とか考えたら、サイゴンの方がいいんじゃない?』
兄 『サイゴンも物価高いし、弟が一緒に居たいって言ってるから。』
私 『。。。
   あなたの自由で、何でもいいけど、この部屋も光熱費も、あなたの毎日の食費もタダじゃない。
   他の同居のベトナムたちも、部屋代と光熱費を約束した通り頑張って払ってるから、あなたたちだけ優遇するのはフェアじゃない。
   あなたもちゃんと自分で払いなよ。』
兄 『よく分かってる。』
私 『好きじゃなくても、前に雇ってくれるって言ってたとこで、取りあえず働きながら、他の仕事を探した方がいいんじゃない?』
兄 『取り敢えず、明日、また探しに行く。』

翌2月20日朝、弟のTPに、昨夜のことを伝えると返信が来た。

TP 『Thank you.... Now too hard for work』

代わりに兄に話してくれて助かる。今お金厳しいから、という趣旨の返信が来た。

20日、兄は、夕方まで部屋でダラダラして、19時ごろ職探しに出かけた。

結局、10000バーツでレストランの募集があったようだが、オーナーが居らず話しが進まないまま、帰宅してきた。

2月21日、再度、レストランに出かけて行ったが、同様に、英語対応できないことが理由でダメだったとのこと。
『(だったら、帰宅せずに、次探しに行けよ!その前に、朝から出て探しに行け!)』と言いたかったが、言う気が失せたので止めた。

リミット決めて、ベトナムに変える判断をさせた方が良い、という話しを、改めてTPにしよう。


2月22日。
TPに話した。
『TP兄は、1ヶ月経っても仕事が無い。あっても選り好みして行かない。
2ヶ月経つ前に仕事が無ければ、ベトナム帰った方がいい。
でないと、日々の生活費とビザ代、負担しきれないでしょ?』と。

その通り、と頷いてた。

2月23日。
TP兄の仕事が決まったらしい。
月1万バーツで、レストラン。

2月25日。
朝7時過ぎに、TP兄が仕事に出かけた。
帰宅は18時過ぎ。

3月5日木曜日。
TP兄は、今週、ほとんど家にいる。

仕事はどうか、と訊くと、
『外人を雇うと、警察への賄賂が高いから』
ということで、3日目の勤務途中で雇い止めになったとのこと。
給料は3日分で500バーツだけ貰ったという。

『なら何故、仕事を探しに行かないのか』
と、以前と同様の会話。

2日前、弟TPが、兄の分と合わせて3000バーツ、家賃くれたことも話した。

以前と同様の進展ない不毛な会話を何度か繰り返し、

『何でもいいけど、まずは雇ってくれるところが幾つかあるんだから、働きながら、納得できる仕事探した方がいい。
弟TPに2ヶ月近くも養ってもらって、まだ家でダラダラしてるのは良くない。
3月17日でビザ更新なら、それまでに仕事が無ければ、ベトナムに帰った方が良い。』
と、何度かハッキリ言った。

『弟TPは優しくて、兄にあまり言わないんだろうから、私が代わりに言ってるんだよ。
弟も毎日頑張って仕事行って、コツコツ稼ごうとしてるの知ってるでしょ?
でも彼の稼ぎで二人分を養い続けることはできないことも分かるでしょ?』

実質的なタカリ屋は、リミット決めて、改心しなければ、バッサリ切った方がいい。

「持てる者」が「持たざる者」を養うべきだ、という発想が、タイと同様、タイのベトナムたちにも根強く観られる。

ただ、「本音と建前」のベトナム人と言われるだけあって、個別に話を訊くと、実は不満に感じている場合が多い。
TPについても例外ではない。

自分が怠けた分の負担を、僅かに「持てる者」にタカって一時凌ぎするコミュニティーは、遅かれ早かれ破綻する可能性がある。
甘えたタカりの根は、適宜、摘み取る。

一週間後、状況が変わらなければ、ベトナム帰国を改めて迫ろう。


3月16日、深夜2時。

TP、 TP兄、そしてNew Faceの3人がウチで時間待ちして、Visa Runに出掛けた。

案の定、 TP兄は、ろくに職探しにも行かないまま、弟TPにVisa Run代を全て頼って出て行った。

同日16日、2人は早くも夕方に帰宅していた。
TP兄は、既にいつも定位値(ソファー)ですっかり夢の中。

ミズオオトカゲ

Posted by VietnamSpirit on 22.2014 0 comments 0 trackback
タイには、日本では普段目にしないような動物を目にすることがある。

その有名な動物の1つがミズオオトカゲ
学名はVaranus salvator、英語名はMonitor Lizardだ。
タイ語では、เหี้ย(hia、ヒア)と言う。その意味は、「忌々しい」であり、他人を酷く罵る際にも使われる。だからか、罵りではなく、動物のことであることを明示するために、動物の類別詞「匹」にあたる語を伴って、ตัว เหี้ย(tua hia、とぅア ヒア)との表現もよく目にする。話しを切り出す際には、「とぅア ヒア」と言っておいた方が無難だ。
ただ、「ตัว(tua、とぅア)」は、そもそも「体、body」を意味し、一体、二体、一頭、二頭などの意味にもなりうる。「ตัว เหี้ย(tua hia、とぅア ヒア)」の表現にしても、けなす相手を動物と見做し、「忌々しい一頭」という意味で使うことも可能だろう。ここらへんは、文脈と雰囲気などから適切に判断する言語センスの問題だ。意図せずに、相手を嫌な気分にさせることは避けるべきだ。タイ人は、ただでさえ、勘違いしやすい傾向があるから。

これまで、実際に下記の地域でเหี้ย(hia、ヒア)を目にしたことがある。
・アマタナコーン工業団地近辺
・アユタヤの工業団地内
・バンコク都心部のルンピニー公園

これ以外でも、サムットプラ―カーンやパトゥムターニーの工業地帯でも見られると聞いた。
また、バンコクの都心部から離れれば、更に身近になり、民家の敷地にいる家畜や、屋内の食糧を食い漁る被害があるらしい。
性格は、臆病で、野生のヒアを前に、手を差し出すなどしない限り、噛みつかれたり、襲われることはまずない。
ペットとしている人もいるくらいだ。



なぜ、ヒアを調べたかというと、先日6月11日午前4時台、タイのベトナム人のfacebookに、ヒアをさばいている写真がUpされていて、軽いショックを受けたからだ。
ワニかと思ったけど、模様が明らかにヒアだ。


ヒアを食べることなんて想像だにしたことはなかったし、バンコク近辺にあるローカルの市場でも見たことが無い。
以前、タイのベトナムが、ルンピニー公園でハトを捕まえている様子がfacebookでUpされていて、当事者の何人かに訊くと、25匹ほど持ち帰って、みんなで食べた、と聞いたことがあった。
また、ベトナムでは、イヌもネコも、ネズミも、コウモリも、何でも食べれるよと、ベトナム人に言われたことがある。
なので、まさか、またルンピニー公園の池にいるヒアを釣ってきて食ったのじゃなかろうかという懸念が湧いてきた。

ヒアをさばいていた当事者に聞くと、どこで手に入れたかは返答がない。
ただ、新しい写真を送ってくれた。
調理方法も不明だ。恐らく揚げるか、フライパンで炒めるかしたのではないかと思う、まさか生はないだろう。
ちゃんと火を通せば、肉は美味そうだけど、皮はゴツゴツして気持ち悪そうだ。


最近、中国で、持病を治すのにカエルを食べるといいと聞き、生のカエルを食べ続けた結果、持病が悪化し、更に別の病気を併発して死に至ったというニュースを見た。
カエルの話は、民間療法レベルの話しだったそうで、死に至った際、体は寄生虫だらけだったという。

●カエルの生食で死に至る:
治療で“カエル生食”続け死亡、怪しい民間療法の犠牲となる人々。
●鍋で火を通しても死に至ったケース:
カエル鍋を食べた女性、脳から寄生虫が発見される。

ヒアは、野生であれば、不潔な環境である恐れがあり、野生のを捕まえてきたのであれば、生は絶対避けねばならないだろう。
生で食べてないことを祈る。
また、ハトのように、ルンピニー公園のを捕まえてきたのではないことを祈る。

周りのタイ人に訊いてみたところ、タイの東部コーンケーン県(ขอนแก่นでは、よく食べられているよ、とのこと。
調理方法について、YouTube動画のリンクまで送ってくれた。


共喰いまでするのはビックリ。
เหี้ยกินเหี้ย
ヒア・きン・ヒア
=ヒアがヒアを食べる



そして後日。6月22日、ベトナムたちに訊いたところ、懸念は的中。ルンピニ―公園のヒアを捕まえて食べたと白状した。
どうやって捕まえたのかと訊くと、叩き殺して、捕まえたと。。。
最初に訊いたベトナムは、自分は食べなかったと言ったが、「美味しいの?」などと訊くと、「ちょっとしか食べてない。」などと自白した。

日本でも、野鳥を勝手に捕まえることは、違法行為だが、それはタイでも同様に違法だ。
ルンピニー公園のヒアにしても、勝手に捕まえて、食べることは違法行為にあたる。
また、ハトにしても、ヒアにしても、公園にいるのは食用ではないので、細菌やウイルスなどの病原菌、または寄生虫などがついている可能性も十分あるので、衛生的にも危険だ。

タイでは、ペットや野良のイヌが、いつの間にか消え、食用や周辺国に売られるケースが、社会問題化している。
一方、実際に、公園でハトやヒアを捕まえて、みんなで喰ったという話しを聞いてしまうと、ショッキングだ。
時期が来れば本国で畑作をし、Off Seasonはタイで出稼ぎ&狩猟をしているというのは、なんともWILDな人たちだ。
HOME 

カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

カテゴリ

Tag

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © タイのベトナム All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary