CaCaとBonn、受け入れ

Posted by VietnamSpirit on 13.2016 0 comments 0 trackback
2016年3月7日深夜。

CaCaとBonnを新しく受け入れる。


既にいた居候のVNHは、二人のことをよく知らないらしく、しきりにネガティブな反応。
ベトナムからの戻って、ハンコクにはいるらしいけど、まだウチには戻ってない。


3月8日朝。
VNHから電話あったので、直接CaCaと話してもらった。(たぶん普通の自己紹介的会話のみ)

その後、VNHから、
"信頼できる人間かどうか分からない"
"あの2人は好きじゃない"
"1週間以内に別の部屋探してもらうように言う"
だなんだとあったけど、要は、お互い面識ないからというだけ。

"一人はタイに来て間もないから、協力してあげてね"と諭し、

結局、
"部屋は綺麗にすること"
"悪い人間を部屋に連れ込まない"
"いい子にすること"
などを、VNHが指導する、と言って前向きな気持ちに変わったようだ。

VNHと2人は、違うカラーなので、上手く行けば、お互いいい刺激。
とりあえず、様子見よう。


3月12日。
VNHから電話とLINE電話が立て続けに掛かってくるけど、フットマッサージ中だったので、即"切"。
すると"何で電話取れないのか"と、落胆スタンプ。


3月13日朝。
翌朝、家来の双子たちに荷物持たせて(=独りで部屋に入るのが嫌だから!?)、
いきなり帰ってきた。

ガキ大将のように、新人2人にあれこれ言いながら、いきなり掃除の仕方を見せつけて、ご飯食べに出ていった。。。
すっかり先輩気取り。

昨夜の電話は、"今朝帰る"という内容だったみたい。
ご飯食べに出て行ったVNHからLINEで、
"部屋やっぱり汚い"などと、昨夜の落胆スタンプから一転、すっかり先輩気取り。


すっかり目が覚めたので、そのままBonnを連れて、寝床のマットを買いに出た。

まずは、近くの日本食屋に連れて行った。
2人で400バーツほど。
屋台なら一人50バーツで十分なので、高くつくが、稀にご馳走するくらいはいいと思っていた。
会計にすると、Bonnが"自分が払う"と言って払ってしまった。
会計時のやりとりに、店員は、
"日本的なやりとり"
"年上を大切にする良い子だね"
のような眼差しでこちらをみていた。

寝床のマットも自分で選んで、自分で買った。
VNHの時は、1000バーツほどのを買ってあげたが、CaCaとBonnは自分で買うということだった。
100バーツだけ援助してあげるというと、やはり素直に受け入れた。
マットを買った大型スーパーTesco Lotusでは、お客様への店内自動案内に、しきりに反応して、"カップ(はい)"などと楽しんでいた。
ここまでの天然は初めてだけど、ベトナムの田舎から出て来たての他の子も、始めは良くも悪くも、こんな感じでピュアな子が多かった。
数ヵ月も経つと、バンコクの喧騒に揉まれて、逞しくコ生意気になる。
今後、どうなるのか。


その後、数日して。

VNHとCaCa、Bonnの化学反応は、"やはり"、という展開か。

"水は濁り易い"ということだろう。
当初、真面目な2人は、VNHのフラフラした生活に影響されてか、本来の正体を現したのか、ゆる~い生活態度に変化した(ようにみえる)。

Comment

Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://vietnamspirit.blog.fc2.com/tb.php/90-6d56ebf9

カウンター

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

カテゴリ

Tag

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © タイのベトナム All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary