CaCaとBonn、受け入れ

Posted by VietnamSpirit on 13.2016 0 comments 0 trackback
2016年3月7日深夜。

CaCaとBonnを新しく受け入れる。


既にいた居候のVNHは、二人のことをよく知らないらしく、しきりにネガティブな反応。
ベトナムからの戻って、ハンコクにはいるらしいけど、まだウチには戻ってない。


3月8日朝。
VNHから電話あったので、直接CaCaと話してもらった。(たぶん普通の自己紹介的会話のみ)

その後、VNHから、
"信頼できる人間かどうか分からない"
"あの2人は好きじゃない"
"1週間以内に別の部屋探してもらうように言う"
だなんだとあったけど、要は、お互い面識ないからというだけ。

"一人はタイに来て間もないから、協力してあげてね"と諭し、

結局、
"部屋は綺麗にすること"
"悪い人間を部屋に連れ込まない"
"いい子にすること"
などを、VNHが指導する、と言って前向きな気持ちに変わったようだ。

VNHと2人は、違うカラーなので、上手く行けば、お互いいい刺激。
とりあえず、様子見よう。


3月12日。
VNHから電話とLINE電話が立て続けに掛かってくるけど、フットマッサージ中だったので、即"切"。
すると"何で電話取れないのか"と、落胆スタンプ。


3月13日朝。
翌朝、家来の双子たちに荷物持たせて(=独りで部屋に入るのが嫌だから!?)、
いきなり帰ってきた。

ガキ大将のように、新人2人にあれこれ言いながら、いきなり掃除の仕方を見せつけて、ご飯食べに出ていった。。。
すっかり先輩気取り。

昨夜の電話は、"今朝帰る"という内容だったみたい。
ご飯食べに出て行ったVNHからLINEで、
"部屋やっぱり汚い"などと、昨夜の落胆スタンプから一転、すっかり先輩気取り。


すっかり目が覚めたので、そのままBonnを連れて、寝床のマットを買いに出た。

まずは、近くの日本食屋に連れて行った。
2人で400バーツほど。
屋台なら一人50バーツで十分なので、高くつくが、稀にご馳走するくらいはいいと思っていた。
会計にすると、Bonnが"自分が払う"と言って払ってしまった。
会計時のやりとりに、店員は、
"日本的なやりとり"
"年上を大切にする良い子だね"
のような眼差しでこちらをみていた。

寝床のマットも自分で選んで、自分で買った。
VNHの時は、1000バーツほどのを買ってあげたが、CaCaとBonnは自分で買うということだった。
100バーツだけ援助してあげるというと、やはり素直に受け入れた。
マットを買った大型スーパーTesco Lotusでは、お客様への店内自動案内に、しきりに反応して、"カップ(はい)"などと楽しんでいた。
ここまでの天然は初めてだけど、ベトナムの田舎から出て来たての他の子も、始めは良くも悪くも、こんな感じでピュアな子が多かった。
数ヵ月も経つと、バンコクの喧騒に揉まれて、逞しくコ生意気になる。
今後、どうなるのか。


その後、数日して。

VNHとCaCa、Bonnの化学反応は、"やはり"、という展開か。

"水は濁り易い"ということだろう。
当初、真面目な2人は、VNHのフラフラした生活に影響されてか、本来の正体を現したのか、ゆる~い生活態度に変化した(ようにみえる)。

ノエル

Posted by VietnamSpirit on 22.2015 0 comments 0 trackback
もう寝ようかという頃、といっても既に深夜3時、VNHがスルスル来て、

VNH「ノエルタムガーンマイ」

私「何?」

VNH「ノエル、ノエル」

私「あー、、クリスマスね🎄。いつも通り仕事だよ。」

VNH「何時に帰る?」

私「18時くらい。」

VNH「18時に帰ったら、ムーカタ(タイ式の焼肉)行こう。ノエルだから。自分と彼女とQNG(兄)とTK(私)の4人で。VNHが奢るから。」

と。

まさかの誘いで、しかもVNHが金出すからとは。

ノエル(クリスマス)は、ベトナムでも家族や愛する人との団欒の機会のようだ。
そう言えば、去年はノエル後にLNGとその彼女と日本食すき焼きバイキングの「秋吉」に行ったなぁ。
LNGは1月に結婚することになり、先日20日に帰国した。

しかし、人見知りのVNHが、随分と信頼をしてきてくれてる。
自分の彼女だけでなく、普段口喧嘩してる兄QNGも連れて食事とは。
そして、その団欒に誘ってくれるなんて、なんか既に家族的な感じ。

LNG結婚する

Posted by VietnamSpirit on 18.2015 0 comments 0 trackback
2015年12月18日

LNG「今度の日曜(20日)、ベトナムに帰るよ。」

とLINEメッセージがきた。

私「どれくらい帰ってるの」と訊くと、

LNG「結婚するよ。TKも一緒に帰る?」だと。

今の彼女と結婚するよ、とは1年程前に本人から聞いてたし、TRからの話しでは、1ヵ月程前に、近々LNGが結婚のためベトナムに帰るとも聞いていた。

LNGは、一番弟のように可愛がった子でもあるし、来タイしたお母さんとも再開した繋がりもある。
結婚式には行きたいな、とは常々思っていたけど、来週は仕事の予定がビッチリだし、日本からの大事な来客もあるから外せない。

再来週で間に合うなら、3日くらいの予定で行ければいいかも。

QNG去る。。。

Posted by VietnamSpirit on 18.2015 0 comments 0 trackback
2015年12月18日

帰宅するとQNGが荷物を纏めている。
どうしたのか、と訊くと、

QNG「(今ウチで同居の)VNH(弟)と一緒だと常に喧嘩になるから、別の部屋を探す。」と。

私「(共通の知り合いのタイ人)AKの店の前のアパートに同郷のメンバーが住んでるハズだけど、よければ一緒に住めば?」と言うと。

QNG「独りが楽。。。」と。

確かに、二人でちょっとした言い合いなっることが多いのは、傍からも分かったし、QNGからも、話しは聞いていた。

まぁ、兄弟のことだし、お互い憎んでいるわけではないのは確かだ。

ウチに先に来たのはVNHで、
ある日、LINEメッセージで、

「兄のQNGが住むところが無いからここに住んでいいか?自分の兄だから、TK(私)にとっても家族同然だと思って。」

といってQNGが来た。

そして、一週間前は、QNGと私の二人だけでウチに居た時、

QNG「(弟の)VNGとは、いつも言い合いになる。」

と、他に話せる人も居ないからと、さまざま悩みを話してきた。
VNGと喧嘩したい訳ではない、けど、なかなかうまくいかない、という内容だった。

それで、ついに独り暮らしを決断したとのこと。

QNG「VNHとの問題で、TKが原因とかいうことじゃないから気にしないで。住まわせてもらった分の家賃光熱費も当然払うつもりだから。」などといっていた。

実際、兄弟関係のことだから、無理に間を取り持つようなことも難しい。

そして、QNGにとっても、独りで生活することで初めて学ぶこともあるだろう。

ということで、「そうなんだ。」といって、話を聞いた。

私にとっては、QNGもVNGも、それぞれ良いところがあるし、弟のように見守ってきたつもり。
二人もそれを理解している。
だから、ある意味家族の ように信頼してくれている。

2週間前ベトナムから戻り、ひょっこりウチに現れて、「ここにまた住んでもいいか?」とやってきた。

まぁ、信頼してくれているから、ウチに戻ってきたわけだし、また独り暮らしで遣りきれなくなって、ウチにひょっこり戻って来たら受け入れてあげればいい、というスタンスでいる。

TR、再び戻る?

Posted by VietnamSpirit on 28.2015 0 comments 0 trackback
11月19日(木曜)

自宅近く、行き付けの日本食屋を出ると、ちょうど反対側から歩いてくる懐かしい顔が。

TRだ。

数ヵ月前、ウチで流産した彼女が、少し離れたところにベトナム人が経営するレストランで、住み込みの職を見つけ移り住み、TRもそれを追って出て行った。

TRは、一番長くウチに住み込んでいて、一番世話を焼いた。
馬鹿なだけに、邪なことは考えられない。
悪いことをしても、状況証拠から、すぐにバレる。
パソコンを壊した時も、黙っていられず、LINEで"謝りたいことがある。"と打ち明けてきた。
人一倍に世話が焼けるけど、純粋なところが憎めない。

ただ、自ら出ていったのを環境の変化と捉え、その後、ウチに戻りたいと言ってきたが、断っていた。

---

10月19日(月曜)

00時22分。
TRからの着信。
平日は仕事があるから、遅い時間に電話してくるな、と普段から言っていた。
それでも、たわいないことで電話してくることがあった。
どうせ、酔っぱらった勢いか、ウチに泊まってもいいか、といったことだろうと思っていた。
その後、00時25分、00時36分と着信があったが、電話に出なかった。

その日以降、連絡は無かった。


11月19日(木曜)

近くの和食屋から出ると、反対側からTRが歩いてきた。

"サバーイ・ディーマイ (元気?)"
何だかんだと近況を話し始めてる。

相変わらず、聞き取り辛いタイ語だ。

"いろいろ連れ込まないし、家賃も払うから、ウチにまた住んでいいか?"との話しだ。

聞くと、彼女のレストランは、女性だけ募集で男性は不要、やっても重労働なことしかなく体がもたない、とのこと。

そして、Tシャツを捲って、お腹を見せた。
おへその上下10センチくらい、縦に切った跡がある。

"どうしたの?"と訊くと、

"道でタイ人の酔っぱらいに絡まれて、刺された。"
"TK(私)に何度か電話したけど出なかったから、他のベトナムの知り合いに電話して、病院行った。"
"10日間入院した。金もすごく掛かって、、、。"と。

あの深夜の電話がそうだったんだ。

なんだかんだ言って、可愛がって面倒みていた子だ。
今までも、タイ人の酔っぱらいに絡まれて、頭から血を流して帰って来たこともある。
でも、まさかあの深夜に電話があった時、そんな大変なことになっていたなんて思わなかった。

ちゃんと電話に出ていれば、と後悔。
また、死ななくて良かったし、10日の入院で出てこれて良かった。
元気な姿に戻って良かった。

 "今どこ行くの ?"と訊くと、
"近くのバーにバイトしに行こうとしてた。"と。

 "でも、今日はTKの部屋に行って良い?のんびりする。"と言うので、

"ダメ。近くまで一緒に行ってあげるから仕事行きなさい。"と送り届けた。。。

"それで、いつウチに戻るの ?"と訊くと、

"まだ分からないけど、行く前に連絡するから。"だと。

今、VNHと二人で、ストレス無く、静かな日々だけど、TRが戻って来たら、前みたいな問題山積の状態にさせないよう引き締めないと。


11月20日 (金曜)

仕事からの帰宅、社用車でウチの目の前に着いた時、TRから電話が来た。

後ろ姿が見える。

仕事の資料が大量にあって重かったので、ちょうどよかった。
車から降りると、TRに資料半分をドッサリ持たせ、帰宅。

何の目的もなく、ただ来ただけ。
何故かLNGに電話し、遊びに来なよと誘っている。

、、、これからスーパーに買い出し行くんだけど。。。

とりあえずシャワー浴びて、一段落し、残りの肉じゃがをフライパンで温めて、TRに食べさせる。

肉じゃがのジャガイモを指して、
"これ 何 ?"
と訊いてきた。

VNHは一目で料理のことが分かり、
TRはジャガイモが何か分からなかった。
同じHà Tỉnhの出身なのに、この差は何なのか。。。

結局、食べて始めて"あぁ"と言ってジャガイモと分かったようだ。

"Hà Tỉnhにもジャガイモいっぱいあるでしょ!?"
と訊くと、
"ある。"と即答。

食べる前に分かるだろ!と心中で叫ぶ。

このままウチでだらだらするのかと思っていたけど、買い出しに出る時、一緒に出て、TRは仕事に出る前に、近くのベトナム人エリアに向かった。

22時過ぎ、TRから電話。
もし部屋にいるなら来たいとの内容だったけど、生憎、こちらは外出中だった。

こんなに頻繁に来るってことは、もしかして。彼女と倦怠期か?


11月28日 (土曜)

TRは、まだウチに移り住んでは来てない。

VNHが帰って来るなり、
"TRはまたここに戻るって言ってた。
来る前に電話するって言われた。"
と話してきた。

先日も、
"さっき、露店で食事してるTRに出くわした。"
と、やや厄介そうな雰囲気で話してきたことがある。

確かに、TRは問題山積だったが、VNHとはタイプも違うし、やはり面倒に思っていたか。。。

VNHがウチに来たのは、もともと直接相談受けていて、
"部屋の更新をしてもらえず住む部屋がもうすぐなくなる。"
"(後日)もう部屋が無く、昨日は銀行の軒下で過ごした。"
といういきさつもあったが、
TRが誘ってウチに転がり込んだのが直接のきっかけだ。
だが、そこに"恩"という道徳観は無い。
表面的には家族の如く親しく見えても、内心は違う。
八方美人でドライなベトナム人の一面が垣間見える。
HOME 

カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

カテゴリ

Tag

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Copyright © タイのベトナム All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary